観光地 / グルメなわたし

【カンボジア×インターン】事務局インターン生休暇@モンドルキリ

投稿日:2018年12月26日 更新日:

お世話になっております、事務局インターン生の脇坂です。

2018年も終わりが近づき、自分は現在カンボジアに来ています。

 

今回は、カンボジアメコン大学の学生たちとモンドルキリに旅行に行ったのでその時のレポートです。

この旅行は今年の夏、メコン大学にてインターンをしていた時、学科長である樋口先生からお誘いを受け、参加させていただくことができました。

 

1日目:8時間の移動

 

メコン大学の学生は旅行に行く際、ほとんど4時や5時に出発します。

そのため、家が遠い学生などは大学の日本語ビジネス学科の職員室にみんなで寝ます。

前回のインターンシップの時、Kampotへ日帰り旅行に行きましたが、その時も全く同じでした。

 

今回の旅行先はモンドルキリというプノンペンから東へ約360㎞のところにある、ベトナムの国境近くの場所です。

かかった時間は約8時間。また、平地ではなく山が多いため、道のりはなかなか厳しいものでした。

 

しかし、カンボジアの学生の大好きなカラオケ、写真撮影大会などを経て無事に到着しました。

途中によってお昼ごはんを食べた、松の木の生えた林はとてもきれいでした。

先生の話によると、この松の木は中国人によって植えられたものであり、近年外来種の植物などが既存の生態系を破壊するという問題も起きているようです。

 

モンドルキリ自体は先ほども書きましたが、山脈地帯にあるのでとても涼しく、プノンペンよりも明らかに過ごしやすい気候でした。

 

2日目:コーヒー農場・プノン族

 

2日目はコーヒー農場へ行きました。

カンボジアの中では、モンドルキリというところはコーヒーが有名です。

これはおそらく、コーヒーの木が育つための4つの重要な条件

・雨

・日当たり

・湿度

・土質

の四つがそろっているからでしょう。

 

雨季と乾季があるカンボジアであるかつ、山が多い地域であることの気候がモンドルキリにはそろっています。

 

日本ではカフェでアルバイトをしているので、コーヒーに関心があったのでこのコーヒー農場を訪れることができ、とても貴重な体験となりました。

 

 

コーヒー農場のほかには現地の小学校を訪れました。

このモンドルキリには少数民族である「プノン族」というひとたちが生活しています。

クメール語でプノンは「山」という意味なので、山の付近で生活をしている人という意味だと推測できます。

 

彼らは独自の言葉を話し、学校ではクメール語を勉強します。

学年が上がるごとに彼らの言葉は授業で使う割合が減っていき、クメール語の話す割合が増えるそうです。

言語だけでなく、カンボジアの有名な文化のひとつ、「クロマー」にも違いがありました。

ローカルのプサーで見るクロマーとは違い、プノン族のクロマーは生地が分厚く触った感触はタオルのような感覚でした。

 

プノン族の小学校に行き、彼らの文化に触れるという経験はプノンペンでは体験できない新鮮な感覚でした。

 

 

旅行のまとめ

 

今回の旅行は2泊3日というスケジュールであったため、インターンをしている学生、仕事をしている卒業生の参加というものは難しく、その代わり、新1年生や2、3年生と行く旅行となりました。

 

行けなかった学生は、自分がCBBに初めてスタツアで参加した際、友達などが多く含まれていて、少し残念でもあり、また彼らが仕事をする年になったという時の流れを感じることとなりました。

 

また、その反面旅行に来た2年生は、インターンをしていた時に授業をした生徒でもあり、彼らの日本語能力が格段に上がったことを実感できたほか、新1年生はCBBの奨学金生も含まれていて、新たなCBBメンバーの顔触れとなりました。

 

2月に行われるスタディーツアーにおいても、新たなCBBの学生たちと距離を縮めていきたいと思います。

カンボジア支援への熱い想い

1

こんにちは。 カンボジア中学進学支援NGOCBB現地代表、法政大学4年高橋昌祐樹(@masa_masayuki)です。 この記事の目次1 28年にも及ぶフンセン首相率いるCPP(人民党)による独裁政権 ...

2

こんにちわ!法政大学人間環境学部に通っています。1年の石出恵です。 今回、私は農村ホームステイと実際に農村の小学校で行った初等教育プロジェクトについて書きたいと思います。 ・農村ホームスティ 私たちの ...

3

こんにちは。CBBマサこと高橋昌祐樹です。 今週末は拠2日間とも支援地区に入っていました。早くクマエを覚えないとみんなの心がつかめないので大変です。今回やってきたことは以下3つ。 トムノTomnob村 ...

4

こんにちは。CBBメンバー法政大学1年、星野と杉木です。 まず始めにポル・ポトとクメール・ルージュについてお話いたします。 1975年4月17日、内戦を勝ち抜きポル・ポト率いるカンボジア共産党(クメー ...

5

こんにちは、国際協力NGOCBBカンボジア 現地代表の南郷恵珠です。 今日は、カンボジアと日本の労働について書いていきます。   第二言語が収入格差を生むカンボジア 先日シェアハウスで夜ご飯 ...

6

カンボジア農村。 そこには高校卒業後も農業に就く人がいる。農村に多くの職がないため、また高校卒業程度のスキルではオフィスワークは難しいためだ。外国語ペラペラやパソコンが出来る高校生には可能だが、そんな ...

-観光地 / グルメなわたし
-, , , , ,

Copyright© 一般社団法人CBB , 2019 All Rights Reserved.