トゥール・スレン虐殺博物館~ポルポト負の遺産~




皆様お世話になっております。

国際協力NGO CBBインターンの地下です。

カンボジアに到着して18日目になりました。

クメール正月ということでプノンペンに出てきました。

カンボジアの歴史を学ぶために、トゥール・スレン博物館へ行ってきました。

カンボジアでは、1975年から1979年の間、ポルポト政権によって恐ろしい出来事がカンボジア国内で起こりました。

当時カンボジアは実質鎖国状態だったため、カンボジアで何が起こっているのかを知る人はいませんでした。

この4年間でカンボジアの全人口の3分の1が殺されたと言われています。

殺された人物は、知識人。

学校の先生は頭がいいから殺される。

医者ももちろん殺される。

眼鏡をかけていれば勉強を沢山していると思われ殺される。

格好良い、綺麗な人も殺される。

留学生もカンボジアに呼び戻され殺されました。

外国人も殺されました。

そしてその子供も血を引いているということで殺されました。

ポルポトの目的は何なのか。

「原始的共産主義」に基づく国を作ることが彼の野望でした。

日本でいう縄文時代のような農業中心の暮らしを行なえば、貧富の差で苦しむこともなく、貨幣を廃止すれば、お金の奪い合いがなくなり平等な社会が実現できると考えたからでした。