シェムリアップ訪問でカンボジアの歴史理解!




なんとなんと今日から約3日間世界遺産アンコールワットのあるシェムリアップに来ています。

シェムリアップに来たのは3度目で1度目は高校の海外ボランティア実習。2度目は留学中に一回でした。

3度目だったこともあり、わりとシェムリアップのことは分かっているつもりでしたが3度目だとしてもシェムリアップに着いたら新鮮な感情が蘇ってくるもんですね。ここから2泊3日が楽しみで仕様がありません。

まさかのバスが来ない

朝6時半にCBBを出て、7時のバスと言われていたからまあ流石に15分したら来るだろうと軽い気持ちで待っていました。

バス会社の方に聞いてもあと少しで来るという返答しかしなかったため、これは嫌な予感するな、、、、、と思っていたらやはり思っていた通り、約1時間遅れで来る始末。

7月に1度3週間日本に帰国しただけで日本人脳になってしまい、今までカンボジアにいた時は遅れるのが当たり前だから考えていたため、全く嫌なことを思うことはなかったはずなのに、今回少しイライラしてしまった自分に反省した瞬間でした。

地雷博物館訪問

毎回シェムリアップに訪問するたびに訪れている地雷博物館。ここは高校の時初めてカンボジア訪れた5年前の記憶が今でも覚えています。

それくらい今までのカンボジアの歴史を考えさせられる場所でした。今回ここに来たのももちろん友達ときているからというのもあるけど、それよりもここに来るたびにカンボジアの新しいことをもっと学べている気がするからもあります。

毎回来る前に何かしらのカンボジアの歴史について聞く機会が多かったりするからこそ、ポルポト政権の過去を考えさせられる気がします。

これから来週もプノンペンのキリングフィールドやトゥ―ルスレン博物館も行く予定なので、是非もっとカンボジアの歴史について知りたいです。

絶対カンボジア人より観光客の方が多いやんって考えさせられるパブストリート

パブストリートは留学中に1度来ていましたが、何度来ても店員以外にカンボジア人はまずいないし、自分が今、カンボジアにいるのを忘れてしまうような場所でした。

基本的に平日はコンポンチャム州にいて、逆に外国人には合わず、カンボジア人としか会わない生活。何もかも同じカンボジアにいるのに違う環境ということでビックリすることが多かったですが楽しいの一言でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

↑↑ポチッとしていただけると励みになります↑↑