【大学進学支援】シェアハウスの学生紹介・CBB奨学生編①




皆さんこんにちは!

現地インターンの鹿島早織です。

CBBが大学進学支援の一環として運営している学生向けシェアハウス。
現在16人のカンボジア学生と共同生活しています!

ごはん
▲シェアハウスの学生と夕食

これから数回にわたってシェアハウスに住んでいる学生の紹介をしていこうと思います:-)

まずはじめに、CBBが奨学金を提供している8人の学生の紹介から。
この記事で紹介する4人は全員、今年の11月にメコン大学の日本語ビジネス学科に入学した学生です。

 

1.スレイリャ(20歳)
CBBの現地スタッフでもある彼女。
頭の回転が速く、現地代表のマサさんの右腕的存在です。

奨学生を選考するときの面接で、周りの生徒の多くが将来の夢を「先生」「医者」などと答える中、唯一「ボスかリーダー」と答えた強者。
確かにテキパキ仕事をこなし、しっかり物を言う彼女はリーダーに向いているかもしれません。
在学中にビジネスを始めて、大学を辞めないか心配です…(笑)