農村視察 ~貧しさのなかの格差 “見た目”だけで判断できること~




皆様、こんにちは。CBB学生副代表の山崎ひかりです。

 

2月18日にCBBの全体渡航より一足早くプノンペン入りしました。

早速、翌日の2月19日から支援地の農村を視察し、今後のプロジェクトの調整をしてきました。

今回は二つの農村を見てみての印象と、同じ地区の農村でも格差が大きいこと、“見た目”でもわかる、貧しさの中の“差”があることをお伝えします。

 

 

CBBが支援しているのは、首都プノンペンから車で2時間ほど、カンボジア王国コンポンチャム州バティエイ郡の農村です。

私が今回訪れたのは、トロップ地区(トロップ村及びポルセイ村)です。

 

 

どちらもCBBが最初に支援活動を開始したトムノ地区から、さらにバイクで30分ほど奥に入ったところにあります。

目的は、新規自転車被支援者の選定を小学校の校長先生に頼んでいたのでその確認と、渡航中の他のプロジェクト(今後ブログで紹介します。お楽しみに♪)の調整をするためでした。

 

 

最初に訪れたのは、トロップ村。
手前のトムノ地区と比較すると少し貧困レベルが高くなります。

 

ここで“見た目”ポイント①

私たちが貧困レベルを判断するときに注目する一つは「家」です。

家の大きさだけではなく、家の壁の素材(【貧】草→トタン→木【富】)や階段(【貧】竹→木→コンクリート【富】)、家畜(【貧】鶏→豚→牛【富】)などを比較すると、村間や村内の格差がよくわかります。あくまでも“見た目”ですが、よく見ると格差は歴然です。