初めての異文化理解の壁~先生としての身だしなみ~




皆様お世話になっております。

国際協力NGO CBBインターンの地下です。

カンボジアに到着して15日目になりました。

カンボジアで生活して15日目。

私はこれまでカンボジアに14日間滞在を2度経験したことがあるので、本日から未体験の領域に入ってきました。

早速、カンボジアに長期滞在するからこその出来事が起こりました。

カンボジアは「噂や口コミ社会」です。

本日私に関してある噂が入ってきました。

ステイ先のスレイリャに呼ばれ、いつもと違う雰囲気。

何か悪いことをしてしまった雰囲気。

何か言いにくそうな雰囲気。

私は恐る恐る耳を傾けました。

「村の人曰く、身だしなみが悪い」

という忠告を受けました。

正直この言葉はとても今の自分にとってきつい言葉でした。

まさか自分にこのような噂が入ってくるとは思っていなかったので、これまでの自分を深く振り返りました。

話を聞くと

「髪の毛が長いこと」

「Yシャツの色が良くないこと」

「クロックスを履いていること」

「持っている小さいカバンが汚れていること」

多くの点で指摘を受けました。