「プロモーションをやりたくない!」彼らと闘う2週間。




皆様いつもお世話になっております。現地駐在員の石出です。

絶対気を付けよう!と思っていた体調を先週崩し、風邪をひいてしまいました。

一緒に暮らすカンボジア人の友達の診断は「氷の入った飲み物の飲みすぎ」が原因らしいです(笑)

「Keiはいつも氷とか冷たい飲み物飲んでるから良くないよ。常温が一番!」

とアドバイスをもらったので、暑さと相談しながら気を付けたいと思います。。

 

私のカンボジア生活も3週間が過ぎました。

ソムナンの成長や新しいスタッフの出会いで、フレッシュな瞬間ばかりで楽しさいっぱいだった1週間目。

しかし、正直いうとその後2週間は忍耐の毎日。カンボジア人スタッフ7人に囲まれ、共に働くかがいかに難しいか痛感させられる毎日でした。

今日はこの2週間で起きたエピソードを少しご紹介したいと思います。

 

CBBスクール・チュンプレイ校。そこは4月に開校し、パーブ校での教師経験者3人のカンボジア人スタッフも一緒です。

そして、このCBBスクールは「現地スタッフが経営をする学校にしたい。」という私の目標がありました。

だからこそ、日本からの寄付を待つだけではなく、現地で金銭面も回せるようにしたい。(スタッフの人件費、食費、水道・光熱費が最低でも1ヶ月250$ほどかかります。)

そこで、「生徒を5月中に100人集めよう!」。

この目標を私たちのミッションとし、みんなで共有。その作戦として、まずは朝、学校の門の前でチラシを配ることになりました。(チュンプレイ校の近くには3つの小学校があります。)

「じゃぁ朝やるからね!ソムナン、誰がどこの小学校行くか決めといてね。」