異文化体験

カンボジアの結婚式から見る子供たちの様子

投稿日:2018年5月22日 更新日:

お世話になっております。長期インターン生の勝間田です。

 

カンボジアの結婚式

最近、結婚式に行ってきました。生徒の兄弟が結婚するということを、その子から聞き、来てほしいと言われたので行ってきました。

カンボジアでは数回結婚式やその後のパーティなどに出席しましたが、今回のものは規模がとても大きく、人も大勢いました。それはそれで貴重な経験となりました。

 

 

パーティーでの子供たちの様子は?

パーティでは円卓が並び、友達同士や親戚同士でそれを囲み、食事をします。

私は子供達と一緒にいましたが、しだいに子供たちはいなくなっていきました。知らないおじさんとお酒を飲み、会話しながら楽しい時間を過ごしました。

結婚式やパーティなどのイベントのときによく見る光景ですが、小さな子供達はゴミ拾いの役目を果たします。

缶や瓶を円卓の下に置いておく習慣があるので、ゴミ袋を持ち、ゴミを拾いに会場をまわります。

イヤイヤな子もいますが、それでも真面目に一生懸命ゴミ拾いをする姿はかわいらしく、CBBに来ているときとは違った表情を見ることができます。

 

 

家庭内と学校での子供たちの様子

生徒の家庭内での様子と、学校での様子は全然違うと思います。

日本では家庭訪問というものがあり、教員が4月末くらいから家庭訪問を始めます。

家庭訪問を行う理由はいくつかありますが、その中の1つが、家庭内での生徒の様子を知るということです。

学校ではおとなしい子も、家庭では自由奔放だったり、学校ではやんちゃな子も、家庭では親と全然口をきかなかったり、いろいろな子がいると思います。

何が良い悪いではなく、生徒のことをより知って、理解していくことが大切です。生徒を理解すればするほど、生徒の小さな変化や心情に気づくことができると思います。

現地では、生徒の家に遊びに行ったり、道で偶然会った子供となるべく関わったりすることを意識しています。いろいろな子供の様子を見ていきたいと思います。

もちろん、大人ともたくさん関わります。

彼らにとっては外国人の私。何年も一緒にいるわけではありません。それでも良くしてくれる人々が大勢います。

私は、子供たちと仲良しですが、大人たちとの繋がりの方が強いと感じています。

知り合い、仲の良い方がたくさんできました。そういう繋がりを大事にしていきたいものですね。

 

 

 ÃƒÆ’ƒÆ’ƒÆ’ƒÆ’ƒÆ’£ÂÂ«Ã£ÂÂ»Ã£â€šâ€œÃ£Æ’–ログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

↑↑ポチッとしていただけると励みになります↑↑

カンボジア支援への熱い想い

1

こんにちは。 カンボジア中学進学支援NGOCBB現地代表、法政大学4年高橋昌祐樹(@masa_masayuki)です。 この記事の目次1 28年にも及ぶフンセン首相率いるCPP(人民党)による独裁政権 ...

2

こんにちわ!法政大学人間環境学部に通っています。1年の石出恵です。 今回、私は農村ホームステイと実際に農村の小学校で行った初等教育プロジェクトについて書きたいと思います。 ・農村ホームスティ 私たちの ...

3

こんにちは。CBBマサこと高橋昌祐樹です。 今週末は拠2日間とも支援地区に入っていました。早くクマエを覚えないとみんなの心がつかめないので大変です。今回やってきたことは以下3つ。 トムノTomnob村 ...

4

こんにちは。CBBメンバー法政大学1年、星野と杉木です。 まず始めにポル・ポトとクメール・ルージュについてお話いたします。 1975年4月17日、内戦を勝ち抜きポル・ポト率いるカンボジア共産党(クメー ...

5

こんにちは、国際協力NGOCBBカンボジア 現地代表の南郷恵珠です。 今日は、カンボジアと日本の労働について書いていきます。   第二言語が収入格差を生むカンボジア 先日シェアハウスで夜ご飯 ...

6

カンボジア農村。 そこには高校卒業後も農業に就く人がいる。農村に多くの職がないため、また高校卒業程度のスキルではオフィスワークは難しいためだ。外国語ペラペラやパソコンが出来る高校生には可能だが、そんな ...

-異文化体験