カンボジア、これがおふくろの味!




こんにちは、お世話になっております。インターン生の川崎です。

以前はインターン生で自炊をしていたのですが、ここ数週間、スクールのお母さんが作ってくれるごはんを食べています。市場で食べるご飯も美味しいですが、カンボジアの家庭料理も外せません。

本日はお母さんが作ってくれた料理をご紹介します。

揚げ魚

素揚げした魚をレタスに巻いて、たれにつけて食べます。このたれがとてもおいしくて、「たれだけでも食べられる」「ごはんにつけても美味しい」「日本に持って帰れないかな」とインターン生全員大絶賛でした。

タック トライ プアエム といいます。納豆のような風味の豆に味噌のような甘いたれ、ピーナッツや野菜が入っています。

にがうりの肉詰め

にがうりの中に挽肉、春雨を詰めて煮込んであります。ゴーヤチャンプルーや佃煮としてしかにがうりを食べたことがなく、煮込まれたものは初めて食べました。味が染みてくたくたになっていて美味しかったです。

空心菜炒め

豚肉と空心菜の炒め物です。やさしい味付けでごはんがすすみます。味付けは砂糖、味の素、魚醤、鶏ガラ出汁、オイスターソースだそうです。