【第二弾】住んでみてわかった!これが本当のカンボジア




こんにちは、お世話になっております。インターン生の川崎です。帰国日が近づくにつれて、「まだまだここにいたい」とカンボジアが大好きになっていることに気づきます。

そんなカンボジアのイメージと実際の暮らしのギャップやリアルをお伝えする企画、今回は第二段です。

雨風をしのぐ程度の簡素な家

基本的にどの家も高床式になっています。一番簡素なのが木造、そしてトタン、コンクリートと続きます。

高床式でスペースができているところには調理場所、水がめ、簡単な作業場などがあり、お昼寝用のハンモックが吊り下げられています。

コンクリート状の建物は、レンガで基礎を作りそれを塗り固めていきます。この構造が一番お金がかかり高級なのですが、医者など収入の良い職業についている家族、国道沿いに多いです。

暑くて着るものは少しで足りる?

季節は雨期と乾季の二種類のカンボジア。8月現在は毎日じりじりと暑く、冷たい飲み物やシャワーが幸せです。

村の方はどんな服装をしているのでしょうか。

男性の場合、上は裸、下は短パンで過ごす人をよく見かけます。

女性は上は薄いシャツ、下はカンボジアの伝統的なありばばや巻きスカートをはいている方をよく見ます。生地は紙のようにとても薄いです。まただぼっとしていて風通しが良いので暑いカンボジアで快適にすごせます。