日本語学校を巡りCBBに還元できること




皆さまお世話になっております。

国際協力NGO CBBインターンの地下です。カンボジアに到着して82日目になりました。

本日はスーツを着て、早速ホーチミンの日本語学校を目指しました。

事前に調べていたホーチミンにある『さくら日本語学校』を訪れました。

恐る恐る中に入り、受付の方と話をしました。

そして、交流室で日本語を勉強している男の子と1時間日本語で会話をしました。

CBBスクールの感覚だと1年以上日本語を勉強しているのかなと思っていましたが、まだ3ヶ月でした。

3ヶ月で平仮名、片仮名を全て書くことができ、漢字の勉強もしていました。

日常会話も授業で学んだことを使って1時間も話をすることができました。

将来の夢は動物の研究者です。勉強家のかんくんなら必ずなれますよ!

1人目から衝撃を受け、他の生徒とも今日は1日交流室で会話をしました。

皆んな流暢に日本語を話すのでベトナムにいることを忘れてしまう程でした。

そこで1番に感じたことは

『なぜ、CBBスクールの子どもは話す力が全く伸びないのか。』ということです。

同じ日本人の先生、日本語の教材、毎日の語学の授業等質は違えど環境は整っています。

CBBスクールにはWi-Fiもあります。

私はCBBスクールの質をあげるヒントが沢山隠されていると思いこの旅の経験をCBBスクールに還元したいと思いました。

このスクールには交流室というものがあり日本語を日本人の先生と話すスペースが設けられていました。

この時におっと思ったのがCBBスクールにも交流スペースがあることです。

ここに時間がある日本人の先生を置いて、日本語での交流スペースにしたいと思いました。

日常会話の中で授業で習ったものを実際に使うことで定着していくことを学びました。

この空間を充実させていきたいですね。

さらにノートの中身を見せてもらいました。