【インターンを終えて】ハプニングだらけ、でも生徒の優しさに触れた18日間




こんにちは!先日18日間のインターンを終えて日本に(やっと)無事帰国しました、あいみです。

インターンを終えて帰国した今、経験や思い出を振り返ろうと思います。

楽しかったこと

カンボジアの生活で楽しかったことは、主に2つあります。

1つ目はもちろんCBBスクールの生徒との交流です。

基本シャイなカンボジアのこどもたちですが、CBBスクールの生徒たちは、初日から積極的に仲良く接してくれました。

なのでこちらも慣れるのは一瞬。楽しく授業を行うことができました。

なかでもこのブログにも何回も登場しているスレイティーとの授業は毎回毎回楽しいものでした。

スレイティーは毎日先生たちにお菓子をプレゼントしてくれたり、自分で描いた絵をプレゼントしてくれたり、とても心の優しい子でした。

ちょうどわたしが最終日の日にスレイティーに会うことができなかったので、トビにたのんでビデオでメッセージを送りました。届いたかな?

2つ目は、他のインターン生との出会いです。

アメリカ、横浜、宇都宮…などなどいろんな場所で生活していたメンバーがカンボジアのコンポンチャムのひとつの村で集まり、協力して授業を作ったり生活をする。