【国際協力の現場で必要なものとは~1ヶ月が経過して~】




皆様、いつもお世話になっております。現地インターンの石出です。

カンボジアに来てもうすぐ2か月が経とうとしています。

6回目のカンボジア渡航ですが、現地駐在員としての毎日は今までと全く違う問題に直面するばかりです。

そんな日々の中で、21歳の大学生ながら「国際協力の現場で働く」という環境の中で気づいた、国際協力の現場で必要な力をエピソードとともに紹介したいと思います。

 

この2ヶ月、日本人駐在員1人(途中から2人)という立場で現場にいて、幾度となく【決断】を迫られることがありました。

正解なんてあるのかな、とりあえずやってみないとわからない…

そんな状況での決断。現地スタッフと話し合い、国内メンバーの意見を聞き、あらゆる意見や情報から判断し、決断しなければいけないのは、ここにいる私。

そう、私が国際協力の現場で必要だと思った力は【決断力】です。

国際協力の現場の駐在員は、基本日本人の方が少ないことが多いです。少なければ1人、多くても2,3人ではないでしょうか。

だからこそ、最終的には自分で決断しなければいけない力が求められるのです。

14

(何もできなくて悔しかったバンの出稼ぎ。事態が大きくなる前にもっとスタッフをケアするべきだったと反省。

バンは今週末に1年間の出稼ぎへ出発するそうです。)

決断しなければならないことは小さいことから大きなことまで。