プノンペンのイオンへ~日本のサービスは受け入れられるのか~




こんにちは、お世話になっております。インターン生の川崎です。

週末、村を離れてプノンペンへ行ってきました。

コンクリートの密集した建物、ぐちゃぐちゃの電線、ひしめき合う海外飲食店を見ると村との生活の差を感じてしまいます。

やはり村での生活が当たり前になると、プノンペンは近未来の都市のようです。

さて、「都市」「日本人」「買い物」「プノンペン」と揃うと外せない場所、それはイオンです!

プノンペンのイオンへ行ってきました

イオンへ着くと目に入るのが大きな看板です。まるで日本のイオンへ来たかのようです。

しかしカンボジアならではの光景がこちら。

さすがバイク社会ですね。自分のバイクを止めた場所を覚えていないと探すのに1時間はかかりそうです。

イオンの中を回っていると、「やっぱり都会!村とは違うなあ」「ちゃんと日本方式を受け継いでる」とたくさんの発見があったのでシェアしたいと思います。

試食・実践販売

お菓子コーナーでは、マシュマロやグミを小さく切りカップに入れ、お客さんに試食してもらっていました。

皆ここぞとばかりにどんどん試食に手が伸びます。気に入ったものがあると何袋も買い占める人もいました。

サラダバーでは、ビネガー、セサミ、チェダーなど数種類のドレッシングがカップに入れられ味見できるようになっていました。味見用のにんじんも忘れていません。