なぜ日本語を学ぶのか:言語はただのツールにすぎないということ




こんにちは、お世話になっております。短期インターン生の隈崎です。

一か月間のインターンも終盤、いよいよ帰国の日が迫ってきました。

新しい生徒

私が村を発つ3日前に新しい生徒が1人増えました。

彼の名前はケビン(English name)、27歳、農場で働いています。

彼は英語が堪能だったため、英語を使いながら日本語を教えることができ、とてもスムーズに授業を進めることができました。

彼は高校時代、家から高校が遠く、自転車で毎日1時間かけて通っていたと話してくれました。

それを聞いた時に、彼がなぜ英語が堪能なのか納得したと同時に、教育を受けるために炎天下の中1時間もかけて毎日通っていたという事実に、学びをすることの重みを感じました。

なぜ日本語を勉強するのか

なぜ日本語を勉強するのか、という質問を10代前半の子供達に聞いても、納得する答えは得られないかもしれません。

私自身もカンボジアに来て、子供達に日本語を教えているにも関わらず、彼らがなぜ日本語を勉強するのかを何度か考えました。