【子供っていいな、教育っていいな】~子供たちの未来が確実に変わっているという感覚~




こんにちは、お世話になっております。インターン生の川崎です。

インターン31日目になりました。新しいインターン生、後藤志織さんがやってきて、授業は志織さん主体で回していくようになりました。

私は映像授業撮影・編集、ブログ投稿など事務作業をメインにしつつあります。

少し子供たちと関わる時間が減り客観的に授業を見られるようになってきたところで、「教えるって楽しいな、子供っていいな」と純粋に感じたときについてお伝えします。

➀ 名前で呼びかけてもらえたとき

生徒たちがスクールにやってきて私を見つけたときに「くみこー!」と寄ってきてくれるようになりました。

私の名前を覚えてくれたこと、そして単なる知り合いではなく先生・友達として認めてくれたことが嬉しかったです。

② 諦めずに目標を達成したとき

夜6時から日本語を勉強している女の子、スレイティ。「あいうえお」5文字覚えるのに他の子の3倍時間がかかります。

「ティーチャー、おっ ちぇ (先生、できないよ)」と弱音を吐きながらも、カードを見ながら何度も唱えて練習します。