NGO × 国際協力 × 教育支援 パッション / 想い

【カンボジア×インターン】 キャロル大学 下条桃子 ~新インターン生自己紹介~

投稿日:

 

皆様、こんにちは。

新インターン生の、アメリカのキャロル大学2年の下條桃子です。
大学では、心理学を専攻し、教育学、犯罪学を副専攻としています。私は、環境が及ぼす心理的影響、行動に興味があります。

 

私の考える教育者とは

私の好きな教育者の役割の考え方として、ロシアの心理学者レフ・ヴィゴツキーの発達の最近接領域(Zone of Proximal Development)においてのfacilitatorというのがあります。

この中では、人には1人で出来ることと出来ないことがあり、1人で出来ないことでもヒントを与えられることによって、できることもあるということです。

ヒントをいかに面白く、楽しくさせるかで新しいことへの印象が変わり、その後の人生にも影響すると思っています。私は、このヒントを与える者として少しでも教育に携われたらと思います。

 

 

教育の多様性を知ったイギリス研修

私のターニングポイントとしての渡航経験は、高校生の時のイギリス研修です。

イギリスでの姉妹校の授業を1日体験した時が、初めて日本の伝統的な板書形式の授業ではないものを経験した時でした。

その中で一番印象的だったのはフランス語の授業でした。YouTubeで音楽を聴きながらランダムに並べられたフレーズを並び替えるというフランス語の発音に慣れることを目的としたものです。授業としての多様性を感じ、海外の教育方法に興味を持った瞬間でした。

その経験がきっかけで現在はアメリカの大学に通っています。

 

 

カンボジアでのインターンにおける目標

私は、アメリカで生活することによって、英語を習得することの大切さだけでなく、日本語そのものの美しさに気付かされました。

カンボジアでは、勉強することの意味を、新しいことを学ぶことの楽しさを、外国語を学ぶことの面白さを伝えられたらと思います。
一か月という短い期間ですが、CBBスクールでの学校教育の改善に貢献できるよう日々精進したいと思います。

宜しくお願い致します。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

↑↑ポチッとしていただけると励みになります↑↑

NGOインターン情報

1

こんにちは。プノンペン駐在の高橋です。 今日はインターン関連資料のお知らせ。 この記事の目次1 インターン選考全体像2 インターン申し込みフォーム3 インターン応募前資料3.1 【Slide Shar ...

2

こんにちは。CBBのマサです。 今日はインターンのお知らせです。 記事の対象は「カンボジアに住んでみたい」という方。 この記事の目次1 インターン基本情報1.1 活動テーマ1.2 勤務場所1.3 待遇 ...

-NGO × 国際協力 × 教育支援, パッション / 想い

Copyright© 国際協力NGO CBB , 2019 All Rights Reserved.