NGO × 国際協力 × 教育支援 オピニオン パッション / 想い 参加者の声

カンボジア✖単独インターン 新メンバー 戸川太一

投稿日:

はじめまして!
2023年2月に約3週間程度、インターンに参加させて頂く、戸川太一と申します。他のインターン生の方々に比べて非常に短い期間ですが、何卒よろしくお願いいたします!

➤自己紹介

私は明治大学法学部国際関係法コースに通う2年生です。野球や、ゴルフ、ラーメンが大好きで、最近は週3回ほどラーメン二郎を食べてしまっています、、、

➤将来の夢

高校までは野球に熱中しており、今思うと不思議なくらい真面目に練習に取り組んできました。
しかし大学入学後の1年間は、塾と自転車屋のアルバイトをしたり、大学で軽く法律について学んだりなど、高校生の時のように何かに熱中して取り組むことはありませんでした。このままでは大学生活を無駄にしてしまうと思い、とても焦ったのを覚えています。なので2年生の間に必ず何か熱中して取り組めることを見つけようと決心しました。
そこで大学の授業を通して出会ったのが、国際関係法です。私は幼い頃から、ぼんやりとではあるのですが、世界を股にかけて仕事をして、人の役に立ちたいと思っていました。その思いは大学生になった今もほとんど変わりませんでした。そのため国家間を共通のルールで結ぶことにより平和を維持する、国際関係法を専門的に学ぶことにより、幼い頃からの夢を叶えられるのではないかと思うようになりました。国際関係法とは、簡単に言うと、異なる国籍を持つ人々の関係を、平和で安定的なものにするために形成されてきた法のことです。私は今、この国際関係法についてより詳しく学び、将来は日本と世界を結ぶ貿易事務の仕事に携わりたいと考えています。

➤CBBのインターンに参加した理由

理由は、日本とは全く異なる文化に足を踏み入れて、様々なことを吸収し、自分の進路に役立てたいと思ったからです。
大学では国際関係法について、このケースではこの法律が適用されるなどといった学問的なことは学べるのですが、それだけでは不十分だと感じました。理由は、国際社会は、人種や言語、文化などの背景が異なるたくさんの国家によって構成されているので、実際に自分で現地に赴き、様々な文化に触れて、世界各地の多様な社会への理解を深める必要があると考えるからです。
CBBのインターンシップを通して、日本とは全く違う文化を学び、自分の進路に役立てたいと考えています。またカンボジアの子供たちにも、塾でのアルバイト経験を活かし、夢や希望を与えられるよう全力で頑張ります!今は上手くいくかとても不安ですが、全力で頑張り、全力で楽しみたいと思います!

-NGO × 国際協力 × 教育支援, オピニオン, パッション / 想い, 参加者の声
-, , ,

Copyright© 国際協力NGO CBB , 2023 All Rights Reserved.