2014春渡航

オピニオン

【治安に関して(必読)】言語、慣習、地理を把握している現地人でさえそれくらい気をつける国、それがカンボジア。

お世話になっております。 一般社団法人CBB代表理事、高橋昌祐樹です。 経済発展はしても庶民の生活も全く変わらず、金持ちは益々金持ちになるカンボジア。 もちろん治安も全然よくなりません。 選挙は言わず ...

プロジェクト報告 / 現地のいま

農村ソーシャルビジネスチャレンジ~国際協力を、教育支援を、形にする~

こんにちは。CBB現地代表高橋です。 ソーシャルビジネスチャレンジをCBBメンバーでも実施してみました。農村ホームステイと初等教育プロジェクト立ち上げを経験して、SBチャレンジに臨んだ彼らの途中経過報 ...

観光地 / グルメなわたし

ポルポト、クメールルージュの影~カンボジアが経済的・教育的に遅れた全ての根源~

こんにちは。CBBメンバー法政大学1年、星野と杉木です。 まず始めにポル・ポトとクメール・ルージュについてお話いたします。 1975年4月17日、内戦を勝ち抜きポル・ポト率いるカンボジア共産党(クメー ...

プロジェクト報告 / 現地のいま

初等教育プロジェクト~貧富の差を越えた教育を目指して~

こんにちは。CBB法政大学国際政治学科1年金坂です。 今回は、初等教育プログラムの全体の概要と反省について、記事を書きます。 カンボジアでは、小学校においてドロップアウトしてしまう子が多くいます。その ...

プロジェクト報告 / 現地のいま

ソーシャルビジネスチャレンジ「子どもの仕事は勉強だ!プロジェクト」

こんにちは。CBB、法政大学1年の杉木と星野です。今回は農村ホームステイを通して私たちが考案したプロジェクトについてお話ししようと思います。   学校はあっても、子に勉強の意欲があっても、親 ...

プロジェクト報告 / 現地のいま

髪の毛に大量のノミが…ソーシャルビジネスチャレンジ「農村で健康診断プロジェクト」

こんにちは。法政大学国際政治学科1年吉田英恵・金坂里彩です。 スタツア中の「ソーシャルビジネスチャレンジ」で立案したプロジェクトを紹介したいと思います。今回のSBチャレンジでは「洗濯実施と髪の毛を洗い ...

あの生徒はいま / 顔の見える支援

カンボジア農村ホームステイ体験記~私が出会ったある一人の女の子~

こんにちは!法政大学法学部1年の杉木雄斗です。 赤い土煙がまく道の先にトロピアンスノー村はありました。 私たちがそこを訪れたのは二月十四日から十七日までの四日間。目的は現地で初等教育支援のための塾を二 ...

参加者の声

カンボジア農村ホームステイ体験記~貧困のサイクルの果てにあるもの~

こんにちわ!法政大学人間環境学部に通っています。1年の石出恵です。 今回、私は農村ホームステイと実際に農村の小学校で行った初等教育プロジェクトについて書きたいと思います。 ・農村ホームスティ 私たちの ...

参加者の声

カンボジア農村ホームステイ体験記~本当の現実を目の前にして私が感じたもの~

こんにちは。法政大学法学部1年の吉田英恵です。 正直、私は今回の農村ホームステイに関して不安しかなく、行きたくないとまで思っていました。 人生で初めての途上国。 言葉の通じない中でのコミュニケーション ...

参加者の声

カンボジア農村ホームステイ体験記~子供の笑顔を守るために~

こんにちわ!法政大学法学部に通っています。星野彩乃です。 今回は私が農村で感じたことについて話させていただきたいと思います。   農村に着いた初日、私が想像していた農村生活のイメージが一変し ...

参加者の声

カンボジア農村ホームステイ体験記~私が一番衝撃だったこと~

こんにちは、法政大学一年、金坂里彩です。 今回は私が農村生活を実際に体験して感じたことについて話したいと思います。 まず、私が農村に着いた初日、子供達や村の人々は私達を笑顔で暖かく迎えてくれました。 ...

参加者の声

カンボジア農村ホームステイ体験記~本当の途上国支援とは何か~

こんにちは。横浜市立大学国際総合科学部1年、井上翔太です。 僕は今回農村生活を体験してみて、いかに自分の貧困地域に対する認識が適当であるかということを実感しました。 農村では実際にホームステイをして生 ...

Copyright© 国際協力NGO CBB , 2019 All Rights Reserved.