CBB代表より

CBBの取り組み

 

国際協力NGO CBBは2011年の設立以降、子どもたちが学校に行けるように一貫して支援を行ってきました。

設立当初から継続している自転車支援。対象者は無償・有償あわせ289名に上ります。

自転車は「家事」と「勉強」の両立をもたらします。

自転車があれば時間に余裕が生まれ、勉学に時間を割くことが出来るからです。

そのため、退学のリスクを下げることができます。

実際、多くの地域で自転車を無償・有償(マイクロファイナンス)問わず提供してほしいという声は後を絶ちません。

 

しかし立ち上げ2年目の2012年。

支援した8名の子どもたちのうち7名は自転車の甲斐なく退学してしまいました。

最貧困の、明日食べていくお金が必要な子どもには無力な支援だったのです。

教育支援は一筋縄ではいきません。

 

そんな中、ついに親御さんに対して、雇用創出・所得向上のためのマイクロファイナンス4件を提供することができました。

まだ4件。でも自転車支援も5名から始まりました。

小さく確実に、意味のある支援に育てていきたいと思います。

これからまた多くの壁が待っているんだと思います。

 

(2015年9月6日 現地代表 高橋昌祐樹)

更新日:

Copyright© 国際協力NGO CBB , 2022 All Rights Reserved.