私は「カンボジア人」にどう向き合ったのか。~3か月のインターンを終えて~




こんにちは!いつもお世話になっております。元インターン生の堀江愛里です。

10月15日に日本へ帰国して1週間以上がたちました。プノンペンやスクールのある農村の喧噪から離れて、「日本って整然としてて平和だな」と感じる日々です。

今回は私がCBBスクールでインターン生として活動してきたことのまとめを書きたいと思います。

 

現地の人に寄り添うこと

渡航前、インターンするにあたって立てた目標がありました。それは「途上国の現地の人に寄り添い、必要とされていること(ニーズ)を見つける」というものです。

私は現地の人、スクールのみんなに寄り添うことができたでしょうか?寄り添うということは、ただ仲良くなるということではなく、相手を受け入れること、知ること、相手のことを考えること、慮ること、だと次第に気づきました。

人と距離をとってしまいがちな自分にどこまでそれができたのかは正直分かりません。「言葉の壁」がまずあって、そしてどうしても私たちが超えられない「心の壁」がいつも見え隠れしていたように思います。それを乗り越えたいと思ったときに、自分の「他人のことにあまり興味を持たない、知ろうとしない」という欠点を再確認しました。それに気付いたのは、ほかのインターン生が「ボルってこういうとき~~~だよね。」とか「キアン今日機嫌悪そうだね。」と他人の変化にいち早く気づいていて、人のこと良く見ているんだなと思ったからです。それではスクールのみんなに近づくことはできないと思い、なるべく改善できるよう努めました。

別れの時には手紙をもらったり、嬉しい言葉をたくさんかけてもらったりして、私でも少しはみんなの心に寄り添うことができたのかなと思います。

14641997_1769802299903754_3878109032663655740_n