CBBカンボジア インターンシップ

NGOCBBでは、「カンボジアでの教育支援」に興味のある方々に、インターンシップを通して支援の現場を体験する場を提供しています。

カンボジアの農村部に暮らす子どもたちに日本語・英語を教えたり、住み込み生といっしょに生活したりしながら、教育の課題を見つけ解決するというプロセスを経験します。

また、同時に募集している合同インターンでは、国をけん引するトップ企業でも働くことで、より多くを体験できると言えます。

 

CBBインターンシップの魅力

チームワークのあるメンバーに出会える

CBBインターンでは、参加するインターン生が協力して課題解決に取り組みます。

ただ、当然ながらそれぞれのバックグラウンドは異なっていて、価値観や学んできた分野は全然違います。

そのため、意見が食い違ってしまうこともあります。

しかし、様々な意見があるからこそ、話し合いを重ねることで、さらにより良い課題解決方法が生まれます。

そして、このプロセスを経ることで、現役インターン生は良いチームワークを持ってCBBスクールの運営を行っています。

 

視野が広がる

村でのインターンでは、現地の子ども・大人たちに。

企業インターンでは、インターン先の日本やカンボジア社員たちに。

そのほか、滞在先のホステルや街中、立ち寄った店など、カンボジアで新しく出会う人は数がしれません。

彼らとの出会いは、新しい言語や価値観、考え方との出会いです。また、自分自身の価値観を考え直すきっかけにもなります。

こうして、物事を多角的に捉えることが出来るようになります。

 

主体性が身に着く

インターン期間中は、インターン生にCBBスクールの授業運営の多くをお任せしています。

そのため、インターン生は自分自身でプロジェクトを企画・提案し、実行しています。

このインターンは、待っているだけでは得るものは少ないです。

逆に言えば、自分で考え、行動することで、多くの経験・出会い・学びを得られるということです。

 

カンボジアで何かを体験したい、実践したい、考えを深めたい、スキルを生かしたい…

そんな意欲のある方をお待ちしています。

 

 

募集概要

インターン全体

プログラム

〇NGOインターン

〇NGO+企業 合同インターン

 

勤務地

NGOインターン:コンポンチャム州CBBスクール

合同インターン:コンポンチャム州CBBスクール~プノンペン

 

参加費

75,000円

(企業インターンでは月$300の手当が発生します)

 

募集期間

【短期】2週間~2か月

【長期】10か月以上のみ(推奨1年間以上)

ビザ取得の手続きの関係で、3か月~10か月間の募集は現在停止させていただいています。

もしご質問等があれば、お問い合わせください。

 

募集対象

大学生および社会人の方

 

CBB団体概要

2011年設立の国際協力NGO CBB。日本では一般社団法人CBBとして法人登記。

代表理事:高橋昌祐樹

住所:東京都世田谷区野沢2-2-17

電話番号:+855-(0)98-809-641

現地住所:コンポンチャム州バティエイ郡チュンプレイ地区チュンプレイ村

現地代表:ボン スレイリャ

電話番号:+855-(0)87-588-525(カンボジア国内における緊急連絡のため、必要な場合は、親御さんに高橋のLINEアカウント(もしくはメールアドレス)を共有致します)

 

持ち物

持ち物リスト

✔︎必需品

SIMフリースマホ

服、寝巻き、タオル等

カゼ薬等

パスポート/現金/クレジットカード/海外保険証書

現地財布(安全のため日本のものと別に用意しましょう)

✔︎現地で買えるもの

シャンプー/ボディソープ/洗剤/歯磨き 等

衣服、下着類

食料品

SIMカード

※プノンペンにはイオンを含め多くのスーパー・市場があります。これらで必要なもののほとんどが揃えられます。

カバンについて

基本的には機内持ち込み用のリュックと、預け入れ用バックパックもしくはボストンバックを推奨しております。

スーツケースはカンボジア国内移動中が不便ですのでおすすめはしません。

また女性がよく使われる斜めがけカバンは、プノンペンでのひったくりが多いため、禁止にしております。バックパックをご使用ください。

 

現地通貨に関して

カンボジアの通貨は米ドルとリエルです。

現地へお越しの際は、米ドル$300ほどと、予備の日本円もしくはクレジットカードの持参を推奨しています。

 

参加費以外にかかるお金に関して

往復航空券代(約5万円)

ビザ代(30ドル)+ビザの延長費用

海外保険代 など

 

保険に関して

CBBでは海外保険加入を参加の条件としています。

海外保険であれば旅行会社はどこでも構いません。

またクレジットカードの海外保険も大丈夫ですが、発動要件やキャッシュレス病院等の確認をしておきましょう。

※新型コロナウイルスの発生状況によっては、加入しなければいけない保険の条件が変わることもあります。渡航前には最新の情報を確認してください。

 

予防接種に関して

「カンボジア 予防接種」等で検索し、外務省のページも念のためご確認ください。

予防接種は必須ではありませんが、推奨致します。

 

推奨順

1、A型肝炎(食べ物から感染します)

2、腸チフス(飲食物から感染します)

3、破傷風(錆びた釘などから感染します)

4、狂犬病(基本的に狂犬病の犬はカンボジアにいませんが、念のため。噛まれたあとのワクチンも現地にあります)

5、B型肝炎(血液や体液から感染します)

その他、デング熱とマラリア(抗マラリア薬)があり、虫除けに気を配りましょう。

 

 

おすすめ航空券

新型コロナウイルスが流行している現在、アシアナ航空での直接予約を推奨しています。

 

当日の空港ピックアップ

コロナ禍のため、到着後は空港スタッフの指示に従ってください。

 

ビザ申請(延長)に必要なもの

Ordinary VISA(商業ビザ)

必要なもの

・パスポート(有効期限の半年以上あるもの)

・証明写真

・米ドル($35)

(・その他の必要書類については大使館からの情報を確認してください)

※観光ビザで入国すると延長できないため、必ずordinary VISAをご選択ください。

 

参加申し込み後の流れ

Activoにて申し込みの後、LINEにてご連絡致します。

LINE IDで検索できない場合もありますので、その際はメールアドレスにご連絡致します。

申し込み3日経っても、CBBより連絡がない場合はお手数ですが、もう一度申し込みいただけるようお願い申し上げます。

 

✔︎申し込み後

1,面談

2,LINEでのやり取り(必要に応じて、ビデオ通話にて説明致します)

3,(参加確定後✔︎)航空券・ビザ取得

4,渡航、カンボジア到着

5,現地にて注意事項など簡易研修

6,活動開始

 

※LINEのプライバシー設定「IDによる友だち追加許可」等の関係でLINE IDが検索できない事例が多くございます。申し込み後3日以内弊団体より連絡がない場合は、メールのご確認をお願い致します。

 

このインターンの体験談

NGOのインターンと企業のインターンをどちらもできて、貴重な体験でした。

NGOだけだとボランティアの持続性の無さを感じ、企業側だけだとカンボジアの本当の姿が見れないように感じていました。

それを全く逆方向からアプローチしている二つの組織に所属できたことで視野が広がった気がします。

ありがとうございました。
(広島大学4年・男)

 

応募

実際の申し込みの際は、こちらより最新情報をご確認ください。

NGOインターン

 

【企業+NGO】合同インターン

 

NGOCBB団体資料及び応募の流れについて

こんにちは。 代表の高橋です。 今日はインターン選考の流れについてお知らせします。   この記事の目次1 インターン申し込みフォーム2 インターン選考の全体像3 インターン応募後資料4 イン ...

続きを見る

更新日:

Copyright© 国際協力NGO CBB , 2022 All Rights Reserved.