バルーン講座にチャレンジ~子どもの好奇心を刺激~




国際協力NGO CBBインターンの地下です。

カンボジアに到着して34日目になりました。

「バルーン講座」

昨日到着したスクール見学の木原眞琴さんに「バルーン講座」を開講してもらいました。

カンボジアの子どもたちは風船がとても大好きで、正月は水風船を投げ合う姿もみられます。

カンボジアには風船はあっても、風船を使って何かを作ることはあまりありません。

そこで今回、スクール見学の木原眞琴さんの特技「バルーン」を生かして、授業にチャレンジしました。

子どもたちは、1つの風船が犬や花、剣に進化するする姿にキラキラとした眼差しで見ていました。

そして、早速一人一人にバルーンを配り、

全員が最初は「犬」にチャレンジしました。

初めてのバルーンに子供たちは空気を入れるだけでテンションが上がっていました。

子どもたちは、完成図を見て、やり方を教えなくても、自力で作っている子供もいました。

子どもの想像力とチャレンジする姿は本当に感心します。

そして、15分後に全員が「犬」を見事に作り上げました。

完成するとここから英語の授業です。