「カンボジアの英語学校に潜入」




こんにちは、お世話になっております。インターン生の川崎です。

インターン9日目の本日はCBBスクールから少し離れたところにある、英語学校(GYA)についてお伝えします。

GYA English Learning Center

韓国の団体がスポンサーとなり建てられました。

ほんの数か月前に新しい校舎が建てられたようで、きれいな机や椅子、カラフルな壁が印象的でした。

生徒数は男子95人、女子170人で合計265人、教師は15人です。CBBの二倍以上の規模です。

朝は7時30分から、夜は7時まで授業があり、一つの授業は約一時間です。

基本的に毎日先生一人につき一つのクラスを教えています。

CBBとの共通点

・教室に入る前にサンダルを脱ぐ

教室と廊下を仕切るドアはないのですが、10センチくらいのコンクリートの段差を境目にして、外と内をしっかり区別していました。

・挨拶&出欠

授業前には

先生: “Good afternoon.”

生徒: “Good afternoon teacher.”

先生: “Please sit down.”

生徒: “Thank you, teacher.”

の挨拶をし、先生が男子、女子の人数を数えます。授業後の挨拶ももちろんします。

アメリカでは出欠を取ってからすぐに授業に入る教授が多いのですが、挨拶があると始めと終わりでけじめがつくので良いですね。

CBBに生かせること

・レベル別授業

<CBB>

都合の良い時間に来てもらっています。