村での休日~自分の弱点を克服するチャンス~




国際協力NGO CBBインターンの地下です。

カンボジアに到着して38日目になりました。

4月は、休日に毎週プノンペンに行っていたので、村での休日は初めて迎えました。

村での生活は本当に身も心も休まります。

朝起きて、インターン生が泊まる家でCBBの作業をしていると、顔も名前も分からない子どもが家の中まで入ってきました。

家の中まで入ってきた子は初めてだったので、驚きましたが小さい男の子だったので許可しました。

名前と年齢を聞いてみると、6歳の小学校に通うリドーという男の子でした。

一緒に、パソコンを見ながら、時間を過ごしていると、お姉ちゃんである10歳のリターという子が入ってきました。

休日だったので、一緒にご飯を食べたり、お菓子を食べたり、マンゴーを食べたり、気に登ったり、アリの巣を処理したりして遊びました。

カンボジアの子どもたちは火を起こすことが出来ることに驚きました。

カンボジアの村ではごみ収集車のようなものがないので、家の庭でごみを集めて燃やします。

自分たちで、木を集めてきて、キャンプファイヤーのように木を重ねます。