ママが恋しい働き者、タイ16歳 ~スタッフ紹介~




みなさまこんにちは。

現地インターンの酒井めぐみです。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

今回はカンボジア人スタッフ紹介の第二弾です。

CBBスクールに来てまだ一か月の新米スタッフ、タイを紹介します。

’今日はすごく眠いんだ。だって昨日は家族と会えてうれしくて、夜まで話してたから’

%e3%82%bf%e3%82%a4%ef%bc%94

(一番お気に入りのシャツ。キマってますね!)

‘今日はすごく眠いんだ。だって昨日は家族と会えてうれしくて、夜まで話してたから。’

月曜日の朝、ねむそうな顔をしながらタイがそう話してくれました。

タイは家族が大好きな16歳の男の子。日本の16歳の男の子はたとえ家族が大好きでも、照れてはっきりと周りには’家族が大好き’とは言わないことが多いですが、タイははっきりと家族への愛情を口にします。

彼の家族はお母さん、お兄さん、お姉さん、妹とタイの5人家族。お父さんはいません。

土日は毎週家に帰り、家族の手伝いをしたりお母さんのおいしいご飯を食べたり、とても楽しい時間を過ごしてるようです。

土曜日の朝、にっこにこしながら荷造りをし、最高の笑顔で’Good bye Megumi. See you on Monday(バイバイめぐみ。また月曜日ね!)’といってCBBスクールを去っていきます。家族に会うのがうれしくてたまらないのでしょう。

 

以前こんなことがありました。

私がパソコンで作業をしていると、横にちょこんと座りわたしの作業している様子をじっと見ています。そっとパソコンを貸してあげると、おもむろにワードを開き、なにか文章を打ち始めました。’i want to see my mother.  But i stay in CBB because i study English. I love my mother.(おかあさんに会いたいなあ。でもがんばってCBBで英語勉強するんだ!お母さん大好きだよ)’ という彼の本音がそこにはありました。

 

まだ16歳。中学校を卒業したばっかり。