学生フォーラムに参加してきました。in静岡




皆様、お世話になっております。CBB4年の高階です。

今回は、栄養大2年の澤江ちゃんと先日一泊二日で行ってきた静岡で開催された学生フォーラムについて報告したいと思います!

 

このイベントは、静岡県立大学学生団体活性化委員会DDという静岡の社会貢献を目的とした学生団体の活性化を行う団体が主催しています。

静岡から学生団体が半分とその他、関東や関西などの地域から半分ずつ、全部で15団体で行いました。

 IMG_5414

本当に様々な団体が来てまして、例えば静岡学生NPOあおい(http://ngo-aoi.jimdo.com)

アジアの児童買春問題に取り組む、静岡県立大学公認の学生団体で現地で活動しているNPOと協同し啓蒙活動やスタディツアーなど行っている国際的な団体から

(1214日に催されるカンボジアフェスタにも参加していただけます!詳しくはhttp://cbb-cambodia.org/cambodia-festa3/)

 

静岡学習支援ネットワーク(http://shizuoka-study-support.jimdo.com)

 「勉強をしたくても、できない子どもたち」の力になりたいとの思いをもった大学生が集まった団体などジャンル豊かな団体がいらしてました。

 

1日目は、自己紹介の後自分が活動する理由を考えるためゲストの白水さんと青野さんのトークセッションを聞き考えました。

 

夜はお悩み相談会、という形でいろんな団体の人と組織運営についての悩みだったり、理想の代表について熱く語ったりしました…。

本当に静岡にも全国にも地域を良くしていこうと活動する団体がたくさんあり、CBBとはまた違った活動もしてるところがたくさんあり勉強になりました。

 

2日目は、自分の活動理由とともに他の団体と一緒にプロジェクトを考えます!

私たちは先ほどお話しした静岡学生NPOあおいさんのメンバーと一緒に行いお互いの強み弱みを生かしたプロジェクトを立案しました。

 

2日間内容としてはとっても濃い体験ができました!

中でもこのフォーラムの目的の一つとして

 

社会を(良い方向に変えていく)人材を輩出する

一緒におかしいと声をあげられる仲間と出会えるようにする

 

という話をききました。

私はこれからこの日本の社会を担うのはよく若者と、一般的に言われていると思うのですがイマイチその実感がわきませんでした。社会を動かすのは一部の人間でしょ?とも思ってたからです。

 

しかし、この活動に参加して、日本の社会を変えていこうとしてる人はこんなにたくさんいるし、少しづつでも変わっていくんだ、と彼らの活動を見ていて思いました。

 

声をあげて社会の中の人たちにちゃんと働きかけているからです。

しっかりと構成している人々(民意)として社会を捉えていて自分に引き寄せている姿をみることができ、素直にいいなぁと思いましたし、自分もそうやってコミュニティをより良いものにしていくため仲間と共に行動したいな、と感じました。(CBBの活動とは少し離れますが。)

 

今回は、社会と自分とのつながりや他の団体と繋がるためのワークショップなどを通して私の中でたくさんの発見がありました。

普段と違った目線で考えたり客観視して自分の団体や社会について考えたり、いつもとは違うメンバーで真剣にプロジェクトを作ったり、、、

 

その発見というのが自分の中で刺激となっていて、これからも影響を与えていくことになると思います。

今回はこのような機会をいただき静岡県立大学学生団体活性化委員会DDの皆さん、ありがとうございました。

この場を借りてお礼申し上げたいと思います。

 

そして、静岡学生NPOあおいさんも参加して頂けるカンボジアフェスタ2014

カンボジア人留学生の方がトークセッションに登場します。カンボジア人と話してみた、生の声を聞きたい!

みなさんのご来場をお待ちしています。

チラシ