パッション / 想い

~日々実感する子供の成長の早さ~

投稿日:2018年5月1日 更新日:

お世話になっています。長期インターン生の勝間田です。

最近は子供の成長を感じる場面があります。友達の子供や昔の教え子に久しぶりに会うと成長を実感できますが、毎日会っているとわかりずらいものです。

 

CBBスクールのアイドル!

CBBにはピサー君という2歳の男の子がいます。私が来たときはまだ抱っこされていることが多く小さな小さな赤ん坊でした。

現在もまだまだ小さな子供ですが、行動範囲が広がり、自分でいろいろな場所に行けるようになりました。転んでも滅多に泣かなくなり、常に走り回っています。

最近イヤイヤ期に突入したのか、泣きわめくことが多くなり、彼の泣き声で目を覚ますこともしばしばあります。

そんなかわいい彼が言葉を話せるようになってきましたことを報告します。しっかりとした言葉ではないですが、少しずつ言葉として話すことが多くなってきました。

この前、彼の両親と私と彼の4人でいるとき、私の手を掴んで「マオッ」と言いました。「来てっ」という意味です。それが初めて言えた瞬間らしく、両親も顔を見合わせ微笑んでいました。

貴重な場面に遭遇できたものです。本当に日々大きくなり、成長していくなと感じました。ちなみにCBBにいる動物たちも日々大きくなっています。

 

驚きの子供の成長の早さ

クメール正月が4月の中旬からありました。村はお祭りモードというか、正月気分に包まれました。学校が休みになるため子供たちも昼間から遊びに出かけます。

授業がない日に私もいろいろな所にでかけました。出かけた先で、過去にCBBに来ていた生徒にたくさん会いました。男子も女子も身体が大きくなり、大きな成長を遂げた姿を見ることができました。

久しぶりに生徒に会うことができてとても嬉しいと同時に、大きくなったことにも喜びを覚えます。

子供の成長ってすごいですね。どんどん成長します。日本の教え子たちもそうでしたが、特に女子の成長、変化の大きさを感じます。

カンボジアの子供も日本の子供も、ある年齢になるとメイクをしだします。個人差は当然ありますが、メイクをしているととても大人っぽく見えます。

CBBに来ていたころはあどけなさが残っていた生徒も、数か月会わないうちに大人っぽくなっていました。再会するというのはとても良いことですね。

心が温まります。いつか叶うなら、その子たちが大人になって立派になったとき、親になったときに再会したいものです。

 

猫との別れ

最後に、以前「ししゃも」という名の猫がCBBにいました。飼っていました。

新しく赤ちゃんの状態の猫をCBBに迎え入れたタイミングで彼は家出しました。

多くのインターン生が彼のことを可愛がっていただけにとても残念なことでした。彼にも再会したいです。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

↑↑ポチッとしていただけると励みになります↑↑

NGOインターン情報

1

こんにちは。プノンペン駐在の高橋です。 今日はインターン関連資料のお知らせ。 この記事の目次1 インターン選考全体像2 インターン申し込みフォーム3 インターン応募前資料3.1 【パワポ資料】4 イン ...

2

こんにちは。CBBのマサです。 今日はインターンのお知らせです。 記事の対象は「カンボジアに住んでみたい」という方。 この記事の目次1 インターン基本情報1.1 活動テーマ1.2 勤務場所1.3 参加 ...

-パッション / 想い

Copyright© 国際協力NGO CBB , 2020 All Rights Reserved.