パソコン2台なくなりました。が、取り戻してきました事件簿。




皆様、いつもお世話になっております。第6期現地駐在員の石出恵です。

昨日は、地獄と天国を味わった日でした。一時だって落ち着かせてくれない日々スリル満天のカンボジアライフ。そんな現地駐在員の恐怖体験をご報告します。

事件発生は突然に。。

2016年10月8日(土)午後4時のプノンペン市内。

CBBスクールがあるコンポンチャム州から農村授業を終え、休日を過ごすプノンペンに帰ってきた日本人大学生4人組。

男の子2人は買い出しのためイオンモールへ。私ともう一人のインターン生はカンボジアではお馴染みバイクタクシー(以下モトドップ)に飛び乗り、CBBシェアハウスのあるプサー・ヘンリーへ向かいました。

ninomiya2

(土曜日は住み込み勉強に加え、新しく始めた農村出張授業へ。)

いつもの通り、プサー・ヘンリーにつき、ちょうどぴったりのお金がなくて財布をゴソゴソ。15000リエル(日本円で約350円)を払い終え、「プノンペンだー!」とお気に入りのジュースを買いに、いつもの店へ。

日本語を勉強している大学生と談笑しながらジュースを堪能していた私は、ある重大なことに気づいていなかったのです。

「あれ。。?私のバッグは?あれ。。?」

午後4時半。プサー・ヘンリーの道端で。

私はようやくモトドップに自分のバッグを置いたまま降りてしまったことに気づいたのです。

パソコン2台、化粧ポーチ、充電器、今までせっせと書いていたメモ帳などの入ったバッグを失ったことに。

 

とりあえず、現地スタッフに状況を説明しようと電話をかける。

が、現地スタッフは電話には出ず、私はこの危機的状況を一人で解決しなければいけないことに。。

真実はいつもひ、ひとつ・・・!!

呆然と立ち尽くしていた私。パソコン2台の損失は、大学生で無給で1年間インターンしている私にとってはダメージが大きすぎました。

dorobou1

(なくしかけたバッグ。やはり、リュックが一番安心なのかなと。)

「今日だめだったら諦めるから。」

そう自分に言い聞かせ、顔見知りのモトドップに飛び乗り、とりあえず犯人探しのため、モトドップが集まっている場所へ。(コンポンチャムからの車を降りた場所へ戻りました。)