こどもの可能性を広げる1台の自転車




みなさんこんにちは。

国際協力NGO CBB所属 法政大学3年の坂橋玖美です。

今回、はじめてカンボジア夏渡航に参加しました。2011年、5台からスタートしたCBBの自転車支援。2015年春渡航では、マイクロファイナンスのおかげで、33名に自転車を提供することができました。

今回の夏渡航で33名の子どもたちがどのように自転車を使い、どのような発見があったのか。提供するだけの関係でなく、その後の様子も把握して、家庭をサポートすることにつなげていく。そして、最終的には、ドロップアウトせずに中学校、高校、大学へと進学できるサイクルをつくりたいと思い、今回この追跡インタビューと追加支援のプロジェクトを実施しようと決めました。

チャリ支援者への追加支援へ

渡航前は、子ども用と親用のインタビュー内容を作成、追加支援の候補を考えました。インタビュー内容の作成は、いかに相手の本音を聞き出せるのか、考えれば考えるほど難しいと感じました。

追加支援候補は、家庭で野菜や果物を育てそれを市場に売りにいくと収入になります。家畜を飼うことももちろん収入源になります。私たちは、どこまで家庭を支援できるのか、考えさせられました。

そして、不安に思いながらも今回、6名の学生に追跡インタビューと追加支援を行いました。
6名全員の自転車をチェックしたところ、念入りに使っている様子でとても嬉しく思いました。そして、6名個々の背景を持ち、たった1台の自転車が彼らになにを与えたのか。インタビューを通じて、多くのことを吸収することができました。

夏渡航2015 いろいろ_9626

(▲Keaの家庭訪問にて)

小学6年生のKeaという少年の話を少しさせてください。

Keaは、CBBが自転車提供をする前、両親の仕事の手伝いをするため、月に15日間学校に行けずにいました。1か月の半分も休んでいると、学力の差はどんどん広がっていきます。そして、学校の授業についていけなくなって小学校でドロップアウト寸前。

そのような状況をCBBが、春渡航で自転車提供したことにより、Keaは中学校に行くことが可能になったと言っていました。自転車が通学時間を短縮し、家庭の手伝いと勉強を両立することができるようになったのです。