必見!CBBスクールチュンプレイ校レポート!




けい
皆様、お世話になっております。第6期現地駐在員の石出恵です。いよいよ5月になり、日本ではゴールデンウィークが始まりますね。

ここカンボジアではクメールニューイヤー(旧正月)は終わったものの、シェアハウスメンバーの大学の授業はまだ始まらない様子。

ふるさとに帰ったり、友達と遊びにいったり、アルバイトをしたり、1日中寝ていたり、時には教科書を読んでみたり。。

まだまだお休み気分のプノンペン・シェアハウスです(*^-^*)

 

さて、今日は先週私が行っていたCBBスクールコンポンチャム州チュンプレイ校の様子をお伝えします。

パーブ校で1年間たくさんの日本人とともに働いてきたソムナン。新しい校舎にはソムナンが考えた多くの工夫が詰まっていました!

成長に喜んだソムナンの工夫と、チュンプレイ校の独自ルールをレポートします!

①スタッフが増えています!

blog1

(私を含め8人での生活はいつもにぎやかです。)

ソムナン、住み込みで働くスタッフであるリダ・ワンダ、彼らに加え4人の新しいスタッフが住み込みで働いています。

新しい4人は先月からCBBスクールにやってきて、みんな15歳~18歳。うち、2人は学校に通っていません。

CBBスクールで住み込みで働きながら、日本語や英語を学習し、CBBスクールで教師として働くこと、そしてまた学校に通ってほしい、というCBBの人財育成プログラムの一環です。

笑顔で挨拶はしてくれるものの、まだ日本人には慣れてない様子の4人。

彼らとコミュニケーションをとるには私がクメール語を話すしかない!と、この一週間空いた時間必死にクメール語を勉強していました。

私のクメール語が通じるようになったら、ブログでも4人のスタッフについてご報告させて頂きますので、楽しみにしていて下さいね。

②リダ・ワンダの成長

blog2

(夜の勉強時間。先生はワンダ。クメール語ももれなく教えてくれます(笑))