子供達との葛藤が始まった 〜一緒に成長してゆくということ〜




こんにちは!

お世話になっております、インターン生の本多です。

インターン4日目の今日は、授業を持ち始め子供達と関わる中で出てきた難しさ、葛藤を言葉にしてみようかなと思います。

私がCBBに来てから、早いものでもうすぐ1週間が経ちます。

始めのうちは、授業を持ち生徒に教えることだけで精一杯でしたが、だんだん授業をすることに慣れて来て、子供達の顔と名前、なんとなくの性格を覚えることができました。

しかしかながら、私が授業や子供達に慣れて来ると同時に、子供達も新しい先生である私に慣れることによって、言うことを聞かなくなったり、不満をぶつけるようになって来ます。

すると、授業をして行く上での難しさや葛藤が出て来るようになりました。

そして今私が1番にぶつかっている問題が、「授業時間」の問題。

CBBスクールでは、現在1クラス、パソコン30分、日本語30分、そして英語30分の計90分で行なっています。

しかしながら、生徒たちがパソコン使用時間開始のon timeにきちんと来ず、また語学勉強中になんらかの理由をつけて帰りたがる、という事例が多発しています。