【新米日本語教師の葛藤】~自分の教える日本語にどれだけ自信が持てるか~




皆さん、こんにちは。インターン生の本多です。

今日は、CBB スクールで感じた日本語を教える難しさについてお伝えします。

CBBスクール期待の星:パニャア

CBBスクールでは様々な日本語レベルの子どもたちが勉強していますが、その中でも一位二位を争い日本語レベルが高いと言われているのがこちらのパニャアです。

現在15歳ですが、その日本語レベルはとても高く、ひらがなカタカナの読み書きは完璧で、現在は日本語の文法を勉強しています。

最近そんなパニャアは、動詞や形容詞を丁寧形から普通形に変えるという勉強をしています。

このセクションはかなり難しいようで、いつもはすいすい問題をこなし、「はい!わかります!」と元気に答えてくれるパニャアも、「わかりません、なんでですか?」を連続しました。

そして、「先生はなぜこれがわかりますか?」「なぜこうなるのですか?」と質問攻めされました。

感覚だけじゃなく、理屈で説明する日本語

日本語を勉強せずに自然に身に着けてきた私たちにとって、“丁寧形を普通形に直す”ということは、頭で考えずに感覚的にできることです。