IKTT(クメール伝統織物研究所)を訪れて〜カンボジア人と働くということ〜




517G8nAUdGL._SY357_BO1,204,203,200_

『いのちの樹 The Tree of Life IKTT森本喜久男 カンボジア伝統織物の世界』

内藤順司著

この写真集を見たときから私の心を捉えて離さない美しいシルクを一目見ようと、今回の渡航ではメンバーを引き連れてIKTTクメール伝統織物研究所を訪れました。

写真集発表会で本物のシルクを見ることは叶ったのですが、森本さんのお話をお聞きし、どんな人がどんな想いで織っているのか知りたいという想いが募りました。

IKTT を訪れて

IKTT(クメール織物研究所)の工房はオールドマーケットから川沿いに10分程度歩いた先にあります。シェムリアップ市内から車で1時間かかる「伝統の森」も訪れようと思っていたのですが、時間が遅く着いたときには辺りが暗くなって危険ということで断念しました。工房でも製糸、染色、機織りが行われていたので日本人スタッフの説明を受けながらゆっくり見学させて頂きました。

IMG_0144

そこでは赤ちゃんを腕に抱いたお母さんが作品の手入れをして、若い女性が機織り機を操り、長年働く方がその人にしか織れない伝統の模様を紡いで、年配の方がおしゃべりをしながら糸を整えていました。現役バリバリで機織りをしていた女性も年を重ねると自分から希望してゆったりした糸を整える仕事に就くそうです。

お母さんも子供が目に届く所にいてあやしながら仕事ができると安心してその気持ちが布に現れるかのように美しいシルクを生み出すそうです。出来上がった作品を手に乗せると不思議と温かく、大量生産では作れない輝きがそこにはありました。