授業中に気づいた、カンボジアの子供たちの行動3選




こんにちは、短期インターン中のニューヨーク州立大学に通う隈崎です。

最近は夜寝るときは暑く、朝方急に寒くなるという寒暖差のある毎日を過ごしています。

体調を崩さないようにできる対策はちゃんとしていきたいと思っております。

今回は生徒たちの授業での様子などをお伝えできればなと思います。

助け合い!

生徒たちは仲良しグループで来ることが多いのですが、授業を進めているとコツを掴みどんどん出来る子もいれば、いまいちコツが掴めず苦戦する子も出てきます。

一度広がった差を、同じ授業の進め方で、例えばできる子に合わせて進めてしまうと、更に差が広がってしまう。

しかし、遅れている子に合わせるとできる子がつまらなくなってしまう。

クラスや授業内容を分けるのも、教師の数や、生徒のプライド、仲良しグループの絆などを考えると踏み出せない。

なかなか解決策を見つけられない難しい問題です。

そんな中、出来る子が教えるという姿を授業中よく目にします。