現地の人との距離が近くなる -クメール語を喋るメリット-




こんにちは。インターン生の本多です。

インターン25日目になります今日は、クメール語を少しずつ身につけ、出来るようになったことをお伝えしたいだと思います。

クメール語。

響きだけ聞くと、いかにも難しそうな言葉です。わたしも渡航前に、クメール語を喋れるようにならなければならない、と考えた時には、気が遠くなってしまいました。

しかし、難しそうだろうが、なんだろうが関係なく、村での生活はクメール語は必要となります。

そして、毎日授業をし、市場に行き、スレイリャの家族とお喋りしたり、村の人と同じ生活をしていれば、必要にかられたくさんのクメール語を話せるようになります。

わたし自身も、少しずつですが、スクールで子供達が日本語を教えてもらうと同じように、子供達にクメール語を教えてもらい、クメール語の習得に励んでいます。

約4週間経って、市馬のおばちゃんと少し会話ができるようになったり、プノンペンで値段交渉をクメール語でしてみたり、子供達に積極的にクメール語で話しかけれるようになったり、して来ました。