CBBスクールの目指す世界「支援の方向性」~目標設定と現地ニーズへの拘り




お世話になっております。

国際協力NGO CBB全体代表、高橋昌祐樹です。

現地で5月中旬より毎日生徒集めのプロモーション(CBBスクールでの営業)と、住み込みメンバーの人材育成の2本柱に力を入れている最近です。

CBBも2011年スタートから6年目

支援を振り返ってみると「どんだけ失敗してるの」ってほどの失敗と、奇跡的に現地とニーズが合致して残った「チャリ」「大学進学」「スクール」という3つの軸。最近はその中でもこの年々発展してしかし格差の広がるカンボジアに一番合致しているのがスクール事業なんだなと思うところです。

2013年ごろからビジネスチャンスと注目されてるカンボジアですが、そんな事業は大規模農業と不動産投資、工場経営くらいかと思います。飲食なんて一瞬で潰れますし、小売りは現地パワーに勝てません。実際多くの日系企業は撤退の一途。

うちの拠点もプノンペンは捨て、地方都市パーブも捨て、村にフォーカスしたことで副次的にできることが増え、支援の可能性も広がったのかなと思います。捨てるって大事なんだなと思いました。よく意識高い系が使う「選択と集中」ってやつですかね。

うちはすべての教育支援のベースに隠れた「人財育成」を常に狙っていました。故の大学生向けのシェアハウスであり、チャリ支援の追跡であり、スクールの継続です。

ただ正直大学生向けは僕は個人的には諦めています。大学生になる子って既に自分のやり方や拘りを持っているんですよね。何か外から来た新しい価値観を素直に受け入れ、それを自分なりに消化するには「遅すぎる」んです。

もちろん例外はいますが、汎用性のある支援をしないと拡大してより多くの人に価値を届けることは出来ません。そんな出来る子を待っていては「世界は変えられない」ですし、出来る子は外人のサポートがなくても勝手に頑張っていきます。NGOが対象にすべきはまさに「落ちこぼれ」なわけです。

そのCBBハウスでの煮え切らない失敗・挫折がいまのCBBスクールでの「住み込み人財育成プログラム」に行きついているのかと思います。

退学支援の手段としての住み込み制度と人財育成

スクールでの人財育成の対象は受入時の年齢が15~20歳前後まで。人財育成には時間がかかります。うちはそれを「退学支援」として中退してしまった中高生を復学させ、宿と飯と教育を無償提供しているわけです。

しかし人財育成って何をするんだよという話です。