【参考】新しい生徒が来た時の対応方法




皆様お世話になっております。

国際協力NGO CBBインターンの地下です。カンボジアに到着して69日目になりました。

CBBスクールでは毎日5人ほど新しい生徒が入り、少しずつ生徒が来なくなります。

新しい生徒が来るたびに私たち日本人スタッフがすることは生徒の受け入れ対応です。

本日は新規の生徒対応の方法を紹介していきます。

新規の生徒が来た時にすることは以下の3つ

① 名前
② 毎日来れる時間の確認
③ パソコンを勉強したら語学を30分学ぶ約束をする。
ここからは生徒が来た時の対応方法をクメール語で簡単に紹介していきます。

① 名前の聞き方

ちゅもっほ あヴぁい (名前はですか?)
生徒の名前は1度聞いただけでは正しく聞き取れないので、何度も聞いて正しい名前を
平仮名で名簿に書き加えます。英語が分かる生徒には英語でも名前を書いてもらいます。

② 毎日来れる時間の確認

ここで使うクメール語を書きます。
ろあ とぅがい(毎日)まお/もーく(来る)さらーCBB(CBBスクール)
まお ぽんまーん(何時)ねあっく (あなた)
もい ぴー ばい … 数字のクメール語は早く覚えることをお勧めします。
指さし会話帳に明記されています。

これを繋げると
まお ぽんまーん ねあっく もーく CBB ろあ とぅがい?
(あなたは毎日何時にCBBに来ますか。)
まお ばい まお ぶおん (3時から4時に来ます。)