海外での生活~日本とは違う時間の流れ・ストレスとの付き合いかた~




お世話になっております。長期インターン生の勝間田です。最近はまた体調が不良です。めまいが多いのと右耳がおかしいです。

ストレスが原因なのか、耳の不調からめまいにつながっているのかわかりませんが、しんどいです。

また、聴力が落ちてきたと思います。そのうち良くなってくるでしょう。

不調が続く海外暮らし

思えばカンボジアに来てから、身体の多くの場所に異常がみられています。

頭、耳、目、鼻、歯、喉、足、お尻、発熱、下痢、嘔吐などなど。ケガや病気を含めてなかなか多いですね。

11月から不調になりだしました。海外での生活というのは難しいと実感しています。健康が1番ですね。

日曜日は自転車で遠くまであてもなく辺りを散策してきました。運動不足やストレス解消になればいいと思いまして。

ある場所に、広大な敷地の真ん中にポツンと小さな家があり、そこに住んでいるおじさんが1人いました。

超がつくほど静かなところで、必要最低限の生活を送り、のんびり過ごしているのでしょう。どんな気持ちなんでしょうかね。

1人でのんびりと過ごせばストレスは溜まらないのでしょうか。不安や寂しさはないのでしょうか。そんなことを考えてしまいました。

考えれば考えるほど深くなっていってしまったので考えるのをやめました。

人といるとストレスがどうしても生まれてしまうし、1人だと寂しさが必ず生まれてしまいます。

時間との付き合いかた

時間に縛られて生活をすればストレスが生まれてしまうし、時間に縛られない生活をすると、何かしなくてはいけないのかという思いが生まれてこれまたストレスになります。

日本人の本質でしょうか。日本にいると時間を意識して行動してしまうし、しなければなりません。

かわいい教え子たちにも、時間を守って、時間をみて行動しようと言い続けていました。

現在、カンボジアの村で過ごしていて、時間に縛られることなく生活していますが、どうしても時計を見る回数は多いままです。

自分の周りの人と自分が置かれている環境というのはバランスが難しいと考える日曜日でした。

今日は最近CBBに来られていなかった生徒が久しぶりに来てくれました。テスト期間だったらしいです。

「テスト終わったー」と笑顔と不安が混ざった表情を見せながら来てくれました。そのあたりは日本の子供達と変わりありません。

テストが終わった嬉しさからか、少しのびのびと楽しく授業を行いました。子供たちと他愛無い話をしながら、今週も子供と関わっていけたらと願うばかりです。

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

↑↑ポチッとしていただけると励みになります↑↑