カリキュラム / 授業 / 教材

教室の壁に地図を掲示:日本や世界を学ぶための貴重な情報源に

更新日:

お世話になっております。長期インターン中の勝間田です。

最近は部屋の模様替えをしました。わずかですがきれいになったと信じています。

昨日、夜中にお祭りに行ってきました。現地の人々との関わりは大事にしたいです。

起床後、体調が悪く、悪戦苦闘しましたが、午前中は教材作りと授業作り。

今日は動物についての授業用の教材を作りました。教材作りが毎日の日課となってきました。

教材自体の評判は良い方だと思っています。ただ、「もっとわかりやすく」にこだわっていければと思います。

約1週間前に作成した、壁に掲示してある日本地図と世界地図。

日本だったら県と有名な観光地や場所、国花や食べ物、世界地図だと、国旗と国名の写真や文字を書き入れていることで、だいぶ教材としての掲示物っぽくなってまいりました。

ひらがなカタカナを教わっている初期レベルの子たちは、読んだり、覚えたりすることは難しいかもしれませんが、写真や形を見て、視覚的に学ぶことができているでしょう。

また、日本語を少し話せるような、中級レベルの子たちは、テキストに出てくる日本語の文章の中に出てくる国名や県名を、地図を見て知ることができるので、大変便利と感じることができています。

次のページへ >

-カリキュラム / 授業 / 教材
-, , ,

Copyright© 国際協力NGO CBB , 2023 All Rights Reserved.