NGO × 国際協力 × 教育支援 オピニオン パッション / 想い プロジェクト報告 / 現地のいま 参加者の声

住み込み生徒との出会い

投稿日:

スオスダイ!合同インターンに参加中のジウです。
今回は最近私がCBBでインターンする中で経験したり感じたことを書かせていただきます。

➤ポンとの出会い


現在CBBにはポンとピエリンという二人の男の住み込み生徒がいます。
ポンは現在17歳で、はじめて彼に会った時にとてもおとなしそうでシャイなのかな?というイメージでしたがそんなイメージは1週間以上たってすぐ吹き飛びました(笑)。
とても人懐っこくて習った日本語を駆使して笑わせてくれてとても優しい子です。
ピエリンもそうですが、私たちインターン生が何か困ってるとすぐくみ取ってくれててきぱき動いてくれてとても頼もしい生徒です。
ポンはとても人懐っこい分とてもさみしがり屋で、私などの合同インターン生がプノンペンに翌日企業インターンのため行くときにはダメもとではありますが「明日じゃなくて次の日かえってね」なんて言ってきたり、「きょうCBBきますか?」と催促のメッセンジャーが届いていたりします(笑)。
そして、彼が日本に行きたいという情熱がとても伝わってきました。日本語を勉強している時も感じましたが、一つ一つの例文を書かせるときに自分からパターンを出してきて、「これはあってる?この文章は何で違うの?」と自分から積極的に質問をしてくれます。高校を卒業したら日本で働くという目標があり、その情熱がとても伝わってきました。
彼の夢のお手伝いに携わることができてとてもうれしいです。

➤ピエリンとの出会い


ピエリンはポンの一つ年下の16歳の男の子です。はじめて私がCBBに来たときは彼は住み込み生徒ではなかったのですが、CBBに彼が勉強をしに来たときにはじめて会いました。
ピエリンもポン同様初めて来たときには人見知りの様子であまり話した記憶がないほどなのでクールな印象が強かったですが、日数を重ねていくうちにとてもフレンドリーで実は面白い子だとわかりました。ポンもピエリンも初めて会った時からは想像がつかないくらい元気で、とてもうれしいです(笑)。
ピエリンも日本に行って働きたいという目標があり、同時に英語への学習意欲も強いです。洋画などが好きな影響などもあるのかなと思うのですが、自分から「今日は英語を勉強したい」と言ってきてくれたりします。
そして、振り返ってみると、はじめて会った時より日本語がとても上達しているなという印象でした。ピエリンの口癖は「かんたん、かんたん~
」です(笑)。「この日本語わかった?」と聞くと「はい、日本語かんたんかんたんね~」と答えてくれたりします。もちろん正直に「むずかし~!」と言ってくれることもあります。

このような出会い方をした二人ですが、慣れない外国語を使って私たちにコミュニケーションをとってくれてとてもうれしいし、すごいなと尊敬の気持ちもあります。
彼らの夢を実現させるため、滞在期間中たくさん支えていきたいという気持ちがとても強いです。

それでは、またお会いしましょう!

-NGO × 国際協力 × 教育支援, オピニオン, パッション / 想い, プロジェクト報告 / 現地のいま, 参加者の声
-, ,

Copyright© 国際協力NGO CBB , 2022 All Rights Reserved.