参加者の声

CBB2013カンボジア夏渡航始まりました!

投稿日:

こんにちは。CBBカンボジア現地代表マサこと高橋昌祐樹です。
実は先日8/20よりCBBメンバーが夏渡航に来ています。日程はスタンダードが8/20~9/11の3週間。渡航メンバーはトータル12名です。

主にやることは
1、3年目に突入した自転車支援
→新規提供のため支援候補者インタビューと自転車提供
2、衛生改善
→啓蒙イベントとその後の個別訪問
3、農業支援
→運搬手段があるとないで何が変わるか。自転車の仕事に与える可能性模索。
4、孤児院訪問
→次回記事すぐUPします。

これらを3週間の日程でキツキツでやっていきます。支援地域での4泊5日のホームステイも実施。CBB2013年度の目標の一つである「支援地区との信頼関係を築く」ところをやっていきたい。そしてメンバーがよりカンボジアのリアルに触れ、次のアクションに繋げられたらと思う。

ミーティング

アンコールワットはじめ観光にももちろん行きます。特にキリングフィールドとトゥールスレン。ここに行かないのは、この国の歴史を直視しないのは違うと思うから。特に僕らCBBは教育支援をしている学生NGO。なんでこの国が今アジア最貧国かつ教育がここまで壊されているのか、しっかり見ていきたい。

CBBは2011年は2人、2012年も3人で渡航した。今回は12人。プロジェクト実施に軸を置く姿勢は変わらない。それと同時にメンバー一人一人、カンボジアで感じたリアルを自分の言葉で落とし込んで、次のステップに活かせるような、そんな体験を積んでもらいたい。

何より健康・危機管理を怠らず、そして最高に楽しんでいきたい。

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

カンボジア支援への熱い想い

1

こんにちは。 カンボジア中学進学支援NGOCBB現地代表、法政大学4年高橋昌祐樹(@masa_masayuki)です。 この記事の目次1 28年にも及ぶフンセン首相率いるCPP(人民党)による独裁政権 ...

2

こんにちわ!法政大学人間環境学部に通っています。1年の石出恵です。 今回、私は農村ホームステイと実際に農村の小学校で行った初等教育プロジェクトについて書きたいと思います。 ・農村ホームスティ 私たちの ...

3

こんにちは。CBBマサこと高橋昌祐樹です。 今週末は拠2日間とも支援地区に入っていました。早くクマエを覚えないとみんなの心がつかめないので大変です。今回やってきたことは以下3つ。 トムノTomnob村 ...

4

こんにちは。CBBメンバー法政大学1年、星野と杉木です。 まず始めにポル・ポトとクメール・ルージュについてお話いたします。 1975年4月17日、内戦を勝ち抜きポル・ポト率いるカンボジア共産党(クメー ...

5

こんにちは、国際協力NGOCBBカンボジア 現地代表の南郷恵珠です。 今日は、カンボジアと日本の労働について書いていきます。   第二言語が収入格差を生むカンボジア 先日シェアハウスで夜ご飯 ...

6

カンボジア農村。 そこには高校卒業後も農業に就く人がいる。農村に多くの職がないため、また高校卒業程度のスキルではオフィスワークは難しいためだ。外国語ペラペラやパソコンが出来る高校生には可能だが、そんな ...

-参加者の声
-,

Copyright© 一般社団法人CBB , 2019 All Rights Reserved.