カンボジア選挙結果速報。アラブの春の再来となるか。




こんにちは。
カンボジア中学進学支援NGOCBB現地代表、法政大学4年高橋昌祐樹(@masa_masayuki)です。

28年にも及ぶフンセン首相率いるCPP(人民党)による独裁政権が続くカンボジア。

7/28(日)は紛争後の大きな分岐点となる下院選選挙でした。

最大野党はCNRP(救国党)。

元々の議席数は全123議席中はCPPが90議席、CNRPが29議席。

野党選挙キャンペーン

事前の選挙活動ではプノンペンにおいては圧倒的に野党優勢。

毎日のようにチェンジと叫ぶ野党サポーターの若者たち。

おかげで街中が渋滞していました。

しかし一方農村部では依然として与党が強いようです。

しかし今回の特徴はアラブの春を彷彿とさせるソーシャルメディアの力。

プノンペンほか大都市の多くでは「チェンジ」を唱える最大野党を応援する若者の声が多く見られました。

Facebookを主とした情報が入りやすい都市部ではフンセン首相の腐敗が認知されていたためです。

1つはベトナムがカンボジアの土地を不法占拠している点。フンセン首相はベトナム政府の後ろ盾で紛争の主導権を握り、今に至るため黙認しています。

そのため野党が勝った場合はベトナムとの戦争が勃発するのではないか、という声も多くのカンボジア人から聞きました。

以下Free Radio Asiaの動画。

今回の選挙の実態がすごくよく分かります。