CBBFamilyの末っ子キャラ:キアンの紹介




皆様、いつもお世話になっております。第6期現地駐在員の石出恵です。

本日は、第3弾の住み込みスタッフ紹介:キアンの紹介をしたいと思います。

keang3

住み込みスタッフに会えるCBBスクール見学も随時受付中です。カンボジアにお越しの際はぜひ!

―「きあんのけいはともだちです。」一緒に成長してきた6か月。―

4月。CBBに日本人たった1人でやってきた私の最初の友達がキアンでした。

1年目から続いているチャリプロジェクトの追加支援インタビューで訪れた家庭で、ただひたすら無言で水くみをしていた少年。当時事業に失敗し、借金2000ドルを抱えた家族の末っ子少年は、小学6年生で学校を退学していました。見えない左目を抱え、何も話さない静かな子。

「またがっこういきたい。べんきょうしたい。」

学校に行かせたいというおばあさんの説得もあって、CBBスクールに住み込みながら日本語と英語を勉強し、小学校に復学することになりました。

私が出会ったころの4月のキアンは、まだまだお母さんが恋しい甘えん坊さん。

毎日夜泣きながらお母さんと電話し、他の住み込みスタッフともなんだか打ち解けていない様子。外国人が怖いのか、私のこんにちはにも最初は全く答えてくれませんでした。

his1

(キアン宅にて。今年の夏渡航はCBBメンバー全員で宿泊しました。向かって左から4人目がお母さん。お父さんはタイに出稼ぎに行っていて、たまにSNSを使い電話をしています。)

「けいげんき?」「これなに?」

少しずつ話しかけてくれるようになった5月。

一緒に自転車で買い物に行ったり、暇な時間は日本語とクメール語を教えあい、言葉は通じなくても一緒にお昼ご飯を作ったり、時間があればキアンと一緒に時間を過ごすことを大事にして、やってきました。

教えていたクラスで自己紹介のテストをすると言った前日、キアンがシャワーに入りながら「わたしのなまえはキアンですわたしは15さいです。。。」とラップ調に自己紹介を練習していた出来事は今でも懐かしくなります。