「スーパーカブ奨学金」はじめました!~より現地のニーズにあった支援を~




皆さまお世話になっております。

一般社団法人Cycle beyond the Borders代表理事、高橋昌祐樹です。

現地ではクメール正月も終わり、お祭りの日々から日常が戻ってきました。

さて本日は今月新しく始めた新規プロジェクトのご報告です。

新規プロジェクト「スーパーカブ奨学金」

カブを見ると古き良き日本を思い浮かべるのは私だけでしょうか。

自分は昭和を知らないにも関わらず、カブにはどこか懐かしさを感じてしまいます。

そんなカブとともにプロジェクトを始められたこと、嬉しく思います。

CBBは2011年に自転車の支援から始まった団体です。

2017年に入ってからも少数ですが、目が行き届く人数に絞って支援を続けています。

今回はその自転車支援の派生プロジェクトです。

閃いた直接の原因はトゥクトゥク運用停止ですが、より持続性のあり、よりニーズのあるカブに辿り着け、6年間の蓄積は無駄ではなかったなと感じる支援でもあります。

また修理代もガソリン代も他のバイクに比べ安く、農村でこどもに提供するにはもってこいのバイクなわけです。

奨学金対象者選定

今回はCBBスクールで継続してボランティアティーチャーをしてくれているチャンティーに提供しました。

現在中学2年生、14歳のしっかりものの女の子です。