プロジェクト報告 / 現地のいま

~住み込みスタッフプロジェクトへの想い~

投稿日:2018年5月1日 更新日:

お世話になっております。長期インターン生の勝間田です。

 

どんどん変化するCBBスクール

最近は現場の様子が変わっています。家族が住む家が新しく建ち、建物が増えました。

今までとまた景観が変わったと思います。

また、教室として使っていた建物の工事が進行中です。理由は2階建てにするためです。

今まで1階建てで2部屋、1部屋は授業を行い、もう1部屋はインターン生の寝室となっていました。

そこを取り壊し、2階建て改築します。教材や物を全て運び出す作業が非常に大変でした。インターン生があと2人いたら幾分楽だったでしょう・・・。

荷物を運んでいき、いよいよ工事の始まりです。先は長いですが、順調に進んでいます。

しかし、教室が使えないということで、普段私たちが過ごしていたり、仕事をしたりしている部屋の前に簡易的な教室を作り、不便ですがそこで授業をしています。

当分の間そこで授業をすることになります。いつもと違う環境ですが、工事が終わるでは仕方ありません。子供にも伝えて、しばらく頑張ろうと思います。

新しい今日ができたらまた環境整備から徹底し、良い学習環境を作り出せたらと思います。私がカンボジアにいられる間にできる最後の仕事の1つでしょう。

 

 

住み込みスタッフプロジェクト

そもそも何故2階立てにするかというのを話します。ただ部屋を増やしたい、家を大きくしたいという発想ではありません。

CBBには住み込みスタッフという制度があります。現在はいないですが、5か月前まではいました。インターン生OBOGの方はご存知でしょう。

住み込みスタッフというのは、現地に住み、日本人と一緒に生活をしながら日本語を勉強していきます。

さらに家事の手伝いや、ときには授業をしながら、学力だけでなく、人間力も養っていこうというものです。

最終目標は、大学などの学校と連携し、将来への道を広げていくことです。

過去には、CBBで勉強した住み込みスタッフが大学にいき、活躍している例もあります。その住み込みスタッフが現在はいません。

 

住み込みスタッフプロジェクトへの想い

新しく住み込みスタッフを獲得し、日本人とともに喜怒哀楽を共にしながら、育てていこうと現在動き始めています。その第1歩として規模を拡大しているのです。

5月中に住み込みスタッフ獲得を目指します。私がインターン生1人という状態のとき、住み込みスタッフが0人になりました。

そこから日本人だけで現地を運営してきましたが、現地人のスタッフを新しく仲間として迎え入れたいです。

住み込みスタッフが育つことによって、生徒としてCBBに来ている子にも質の良い教育をすることができます。そうやって良い流れを作っていけたらと思います。

勝手に思っていることですが、私が帰国するまでにやり、CBBをもう1段階レベルアップするための最後の仕事の1つだと思っています。

 

 

にほんブログÃÃââ‚Ãâ€ÅÂ%8‚¢ÃƒÆ’¢â‚¬Å¡ÃââÃ2¢Ã¢â‚¬Å¡Ã‚¬Ã…Â%3ƒÆ’ƒâ€šÃ‚¬ÃƒÆ’¢âÃÂÂÂ3‚¬Ã‚ ÃÆC3‚¬Ã…¡Ã‚¬Ã…¾Ã‚¢ÃÃ%‚¬Å¡Ãƒâ€šÃ‚¢ÃƒÃ%A™Ãƒâ€ Ã¢â‚¬â„¢ÃƒÆ’†â€â„Ãâ€3€šÃ‚¡ÃƒÆ’ƒÆ’ƒâ€šÃ‚¦ÃƒÆ’ƒâ€šÃâ€ÃÆâââ%3ƒâ€ Ã¢â‚¬â„¢ÃƒÆ’¢â‚¬Â ÃƒÂ¢Ã¢â€šÂ¬Ã¢â€žÂ¢ÃƒÆ’ĉÃƄ2¢ÃƒÆ’†âââ83ƒâ€šÃ‚¬Ãƒâ€šÃ‚ ÃƒÆ’¢â‚¬â„Ãââ‚%ƒâ€šÃ‚¢ÃƒÆ’ƒÆ’¢â‚¬Å¡Ãƒâ€šÃ‚ÃƒÆ’ƒÂ¢Ã¢â€šÂ¬Ã‹Å“ 海外生活ブログ カンボジア情報へ

↑↑ポチッとしていただけると励みになります↑↑

 

NGOインターン情報

1

こんにちは。プノンペン駐在の高橋です。 今日はインターン関連資料のお知らせ。 この記事の目次1 インターン選考全体像2 インターン申し込みフォーム3 インターン応募前資料3.1 【パワポ資料】4 イン ...

2

こんにちは。CBBのマサです。 今日はインターンのお知らせです。 記事の対象は「カンボジアに住んでみたい」という方。 この記事の目次1 インターン基本情報1.1 活動テーマ1.2 勤務場所1.3 参加 ...

-プロジェクト報告 / 現地のいま