日本にいる子どもたちに伝えたいこと




皆様お世話になっております。

国際協力NGO CBBインターンの地下です。

カンボジアに到着して11日目になりました。

まずは、この写真を見てください。

このミサンガを売っている人は誰だと思いますか。

今日プノンペンで朝ご飯を食べていた時、5歳くらいの小さい女の子が近寄ってきて、「What do you want?」と話しかけてきました。

カンボジアでは観光客が集まるところに子どもが売り子として働きます。

この時、私は2年前にアンコールワットを訪れた時のことを思い出しました。

アンコールワットに入った瞬間満面の笑みで走ってくる子どもたち。

そして「1 doller 1 doller」と口をそろえて満面の笑みで話しかけてきます。

この時私は何も考えず楽しくお土産を売り子から買っていました。

すると、カンボジアのガイドの人が「あの子たちの中には学校に行っていない子もいる。」

この言葉がすごく自分の身に重くのしかかったのを今でも鮮明に覚えています。