CBBスクールで他にはない授業を。思考力、人間性を育てるワークを提供したい!




皆様お世話になっております。

法政大学法学部2年の常岡晴恵です。

私は渡航メンバーより一足先にカンボジア入りして、CBBスクールで2日間教壇に立ちました。ただ語学の知識を詰め込むだけではなく思考力を育てる授業が必要だと話し合われていたため、国内ではその方向で計画を立てました。

英語のちびっ子クラスはうるさいという報告を受け、そのパワーを英語に変えるゲームや歌などの楽しい授業を、日本語クラスではグループワークを用いた学びを意識して準備を進めました。

S__2818054

(▲色カード、お天気カード、じゃんけんカード、単語カード、水計量ゲームのためのコップなど手作りの教材をたくさん持って行きました)

授業開始

日本語クラスではグループで協力して単語カード(わたし、あそぶ、たくさん、いぬ など)を並べ替えて文を作るワークを行いました。面白い文章にみんなで笑い、教室に一体感が生まれました。個人作業の時間もみな集中して新しい文をたくさん作っていました。単語が少なかったので、増やして今後授業に取り入れて欲しいです。

英語クラスは元気がいっぱい! しかし

英語クラスは発音練習など熱心に取り組みます!しかし立ち歩く子や話す子もいて授業を進めるのが大変でした…普段は単語中心の授業だそうですが、今回はまず会話文をホワイトボードに書きペアで練習しました。

そしてカードを持って歩き回り会話をしてじゃんけんをする、勝った人がカードをもらうというゲームを行いました。楽しそうに取り組んでくれて良かったです!しかし会話をせずじゃんけんばかりしてカードをためる子も多く、後だしをして勝ち続ける子も。

まずは道徳から

その姿を見てモラル教育の必要性を感じました。あくまでも想像の範囲ですが、カンボジアでは小学校から生徒の成績の順位が公表されるため子供達は常に競争にさらされています。

そのためか結果を重視する風潮があるのかも知れません。ルールを守り、不正をしない大切さを授業を通して伝えたいです。また、学力調査のためのテストでは解答を教えると自分の答えを消して書き直して提出します。